ホーム
    
JALの職員さんに「見なかった事にします」と言われた息子の塗り絵がこちら・・(笑)
2024/07/10 告発

広告

ある日の午後、田中家の子供たちはとても楽しみにしていたイベントに参加するため、東京の羽田空港に向かっていました。そこでは、日本航空(JAL)が主催する「しまじろうジェットにみんなの夢をのせて飛ばそう!」という子供向けの特別なイベントが開催されていました。

夢のイベントへの参加

田中家の次男、田中一郎君(6歳)は飛行機が大好きで、このイベントに参加するのを心待ちにしていました。イベントの一環として、子供たちは「しまじろうジェット」のデザインを自分たちで塗り絵にして提出し、優秀な作品は実際に飛行機にラッピングされる可能性があるというものでした。

塗り絵の挑戦

会場に着いた田中一家は、早速受付を済ませ、一郎君は塗り絵の用紙を受け取りました。彼はすぐに色鉛筆を取り出し、真剣な表情で飛行機のデザインを塗り始めました。一郎君は飛行機の胴体を青く塗り、翼には自分の好きな色を使ってカラフルに仕上げていきました。しかし、途中で一郎君は少し色をはみ出してしまいました。

JALの職員とのやり取り

完成した塗り絵を持って、一郎君は興奮気味にJALの職員に提出しに行きました。ところが、その塗り絵を見た職員は一瞬驚いた表情を見せた後、にこやかに微笑んで言いました。


広告


「これは…見なかった事にしましょう。」一郎君は少し不安そうな顔をしましたが、職員の優しい笑顔に励まされました。

笑いと優しさに包まれた瞬間

その場にいた他の親たちや子供たちも、一郎君の塗り絵を見て笑顔になりました。一郎君の塗り絵は確かに色がはみ出していて、プロのデザイナーが描いたような完璧なものではありませんでしたが、その自由で無邪気な色使いには心温まるものがありました。職員の「見なかった事にします」という言葉には、一郎君の努力を認める優しさと、子供たちの創造性を尊重する姿勢が感じられました。

田中家の帰り道

その日の夕方、田中家は笑顔で家路につきました。一郎君は自分の塗り絵が特別なものだと感じ、誇らしげに家族に話していました。田中家の父親、田中健一さん(仮名)はその様子を見て、「今日の経験は一郎にとって大きな財産になるだろう」と心から思いました。

事件のその後

後日、一郎君の塗り絵はJALの公式SNSに投稿され、多くの人々から温かいコメントが寄せられました。「素晴らしい色使いですね!」「自由な発想が素敵です!」というコメントが次々と届き、一郎君は大喜びしました。

広告

記事はまだ終了していません。次のページをクリックしてください

次のページ

広告

無断駐車に『ここは私有地です。無断で駐車しないでください』と張り紙。効果なし → そこで・・私(バカ学生が焦ってる焦ってるw)
2024/07/10
『ブス女』と書かれたレシートを渡された客が激怒。イオンの意見箱に投函。→調査した結果衝撃の真相が判明・・・!
2024/07/10
吉永小百合の15歳年上旦那”衝撃的な現在”に一同驚愕…渡哲也と結婚できなかった”切ない理由”とは…
2024/07/15
天地真理の乞食と言われる現在の姿…生活ぶりに驚きを隠せない!昭和の歌姫事態に本番を強要された業界の闇がヤバすぎる…現在の年収に驚愕!
2024/07/11
中居正広の病気はがんではなく本当は○◯だった!?芸能界復帰は絶望的!?結婚が近いと噂される原因とは!?
2024/07/11
石田千恵子の表情を変えた逮捕されていた人物とは...突然消えた3人の現在が...
2024/07/11
江藤愛が独身宣言をした理由や高校を留年した原因に言葉を失う…「アナウンサー」として活躍する彼女の豪華すぎる歴代彼氏に驚きを隠せない…
2024/07/11
「ウルセーんだよ、若いなら立ってろ!」新幹線で他人の指定席に座るおじさん。怒鳴るおっさんに女性が放った一言に称賛の声….
2024/07/09