記事
生活・暮らし
エンタメ・芸能
人気・急上昇
    
メールの着信音が鳴った直後に義兄嫁からの電話が鳴った。義兄嫁「メールを誤って送信してしまったので、必ず削除してほしい!」私「了解」→しかし誘惑に抗えず、中身を見てしまった結果は…
2023/10/28

広告

ある日、私は家でくつろいでいた。突然、メールの着信音が鳴った。同時に、義兄嫁からの電話が鳴り響いた。 私は慌てて電話に出ると、義兄嫁の声が聞こえた。「メールを間違えて送ってしまったから、絶対に読まずに消去してくれる?」と義兄嫁が急かすような口調で話す。

私は彼女の焦りが伝わってくるようで、少し心配になったが、彼女の言葉に従って「分かった」と答えた。 しかし、そのままメールを消去する前に、誘惑に負けてしまった。私はついメールを開いてしまった。 すると、メールのタイトルには「重要なお知らせ」と記されていた。私は思わず心臓が高鳴り、内容を急いで読み始めた。 メールは義兄嫁からのものではなく、彼女が誰かに宛てた誕生日プレゼントのアイデアだった。 安心した私は、素早くメールを閉じ、反省しながらも義兄嫁に電話をかけた。

「ごめんなさい、つい見てしまいましたが、ただの誕生日プレゼントのアイデアだったよ」と謝った。 義兄嫁は一瞬黙ってから「そう…よかった」とほっとしたような声で言った。私は彼女の安堵感が伝わってきた。 その後、私たちは笑いながら話し合い、メールのミスについても冗談半分で話した。私はもう二度と誘惑に負けずに、彼女からの依頼を大切に扱うことを誓った。 この出来事を通じて、私たちの関係はより強固になり、信頼も深まった。メールの着信音や電話の鳴り声が鳴るたびに、私は義兄嫁との絆を感じるようになったのだった。

この人芸能人じゃなかったらこの仕事してそう
2024/02/21
竹中平蔵氏 2030年代の日本は本当にヤバい?「人口の3分の1が高齢者。移民の問題は避けて通れない」
2024/02/21
有名ラッパー、カニエ・ウエスト妻・ビアンカ・センソリ「裸にレインコートだけ」の“露出ファッション”が物議「どうせ夫の洗脳」前妻のような外見を求める横暴ぶり | 週刊女性PRIME
2024/02/21
榊英雄の自宅・スマホから複数の動画、被害女性の姿も…性加害事件で逮捕に冤罪主張、徹底的に戦うと宣言
2024/02/21
週刊文春が松本人志の損害賠償訴訟の訴状内容を公開。性加害報道巡る告発者の発言、関連記述で名誉毀損を主張
2024/02/21
せいら(コムドットやまとの妹)の大学がすごい!出身高校や学歴まとめ!
2024/02/21
橋本環奈と有村架純の“熱愛女優”写真集対決が勃発!売上部数でも収益でも圧勝したのは…
2024/02/21
世界は旧ジャニーズと伊東純也を擁護 批判派が掲げる架空国家「イマジナリー海外」
2024/02/21
LESSERAFIMの楽曲「Smart」についてネチズンがHYBEに盗作疑惑を告発
2024/02/21
「森口博子の突然の死亡事件に隠された真実…迷惑行為により性感染症を受けた有名俳優の正体に衝撃!」
2024/02/21